『運転者』のあらすじ・名言を紹介します|累計80万部の渾身作

運転者 あらすじ
  • 『運転者』のあらすじや名言を知りたい
  • 『運転者』の内容が気になる

本記事はそんな方の疑問にお答えします

喜多川泰さんの『運転者』は、不運に悩む主人公が、摩訶不思議なタクシーに乗って人生を変えていく物語です。自分の人生に目を向けることや、上機嫌でいることの大切さを教えてくれる、感動的で心温まる小説です。

この記事では、喜多川泰『運転者』のあらすじや名言をまとめてご紹介します。この本は、自分の運について考えさせられる一冊ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

本記事でわかること
  • 『運転者』のあらすじ・名言・要点・感想
  • 『運転者』がおすすめな人
  • Audibleを無料体験する方法

ちなみに私はAudibleで聞きました。本書はAudibleの読み放題対象作品なので、会員登録すれば誰でも読むことができます。しかも、現在30日間の無料体験中なので、期間中に退会すれば無料で聞くことができます。

Amazonの聞く読書「Audible」

Audibleを使うと読書量が劇的に増えます!

こんな人におすすめ

  • 時間がない人
  • 何かをしながら読書をしたい人
  • 活字が苦手な人
  • 最新の作品を読みたい人
  • オーディオブックに興味がある人
  • 本を買うお金がない

俳優・声優が朗読した対象本やポッドキャスト12万以上対象作品が定額聴き放題。無料体験後は月会費たった1,500円。いつでも退会できます。

\ 30日以内に解約すれば料金は発生しません/

目次

本書の詳細

¥1,650 (2024/01/17 14:38時点 | Amazon調べ)
本の詳細内容
タイトル運転者
著者喜多川泰
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日2019/3/28
ページ数198ページ
Audible再生時間5 時間 37 分

あらすじ

ざっとですが、あらすじを紹介します

喜多川泰『運転者』は、人生に不運に見舞われた保険営業マンの修一が、不思議なタクシー運転手に出会い、運を貯めて使う方法を教えられる物語です。

修一は、契約実績が最悪で、娘は不登校で、仕事も家庭もうまくいかない状況に陥っていました。そんなとき、たまたま乗ったタクシーの運転手が、修一のことを何もかも知っていて、人生の転機になる場所に連れて行ってくれます。

しかし、修一はどこへ連れて行かれても、チャンスを逃してしまいます。運転手は、運は「ある・ない」「いい・わるい」ではなく、「貯める・使う」ものだと言います。運が良い人は、貯めて使っているだけで、運がない人は、使ってしまっているだけだと。

修一は、運転手から運の貯め方と使い方を教わり、自分の生き方や考え方を変えていきます。そして、運転手が現れた理由や、修一の運の源泉についても明らかになっていきます。

喜多川泰『運転者』は、運をコントロールすることで人生を好転させる方法を示す、自己啓発的な小説です。 修一の人生の変化や、運転手の正体に興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

この本は、Amazonの“聴く読書” Audible(オーディブル) の聴き放題で無料聴けます。詳しくはこちらをご覧ください。

こんな人におすすめ

本書は以下のような方に特におすすめです

  1. 運や巡り合わせについて考えたい人:この本では、主人公がタクシーに乗るたびに、自分の過去や未来の姿を見せられます。それによって、主人公は自分の運命を変えることができるのか、それとも受け入れるべきなのか、という問いに向き合います。運や巡り合わせは、自分の意志や行動によって変わるものなのか、それとも何か高次の力によって決まるものなのか、ということに興味がある人には、この本が参考になるでしょう。
  2. プラス思考や自己肯定感を高めたい人:この本では、主人公が自分の人生に不満や後悔を抱えていることが明らかになります。しかし、タクシーの運転手から、運は気づくものだという教えを受けます。それによって、主人公は自分の人生に感謝することや、自分の価値を認めることができるようになります。
  3. 人生に迷っている人:この本では、主人公が自分の人生の方向性に悩んでいることが描かれます。しかし、タクシーに乗ることで、自分の人生にとって大切な経験や人との繋がりに気づくことができます。によって、主人公は自分の人生の目的や意味を見出すことができます。人生に迷っている人には、自分の人生の軌跡を振り返ることや、自分の人生に影響を与えた人に感謝することが助けになるということを示してくれる本です。
¥1,650 (2024/01/17 14:38時点 | Amazon調べ)

『運転者』の要点

本書で学べる内容を以下の3つ紹介します

  • 運は使うものでも貯めるものでもなく、気づくもの
  • 運は先祖からの贈り物であり、次の世代に受け継ぐもの
  • 運は上機嫌でいることで引き寄せることができる

それぞれについて、簡単に説明します。

運は使うものでも貯めるものでもなく、気づくもの

本書では、主人公が不思議なタクシーに乗って、自分の過去や未来の姿を見せられます。それによって、主人公は自分の運命を変えることができるのか、それとも受け入れるべきなのか、という問いに向き合います。運転手から教えられるのは、運は「ある・ない」「いい・わるい」ではなく、「気づく・気づかない」ものだということです。運は自分の意志や行動によって変わるものではなく、自分の人生に目を向けることで気づくものなのです。

運は先祖からの贈り物であり、次の世代に受け継ぐもの

本書では、主人公が自分の父親や祖父の人生について知ることになります。父親は戦争で亡くなった祖父から運のポイントを託され、その一部を主人公に譲ったのです。運は誰かの努力や犠牲によって貯められたものであり、自分だけのものではありません。運は自分の人生を豊かにするためだけに使うものではなく、次の世代に受け継ぐために貯めるものでもあります。

運は上機嫌でいることで引き寄せることができる

本書では、主人公が自分の人生に不満や後悔を抱えていることが明らかになります。しかし、運転手から、運は上機嫌でいることで引き寄せることができるという教えを受けます。上機嫌でいることで、自分の人生に感謝することや、自分の価値を認めることができるようになります。上機嫌でいることで、自分の人生にとって大切な経験や人との繋がりに気づくことができます。上機嫌でいることで、自分の人生にとってチャンスとなる場面に出会うことができます。

¥1,650 (2024/01/17 14:38時点 | Amazon調べ)

『運転者』の名言

「運は後払いです。何もしてないのにいいことが起こったりしないんです。」

『運転者』

この名言は、運は自分で作るものだということを示しています。何かを成し遂げたいなら、まずは行動しなければなりません。運は、努力や挑戦の結果としてやってくるのです。

「基本姿勢が不機嫌な人に、毎日の人生で起こる幸せの種を見つけることなんてできない。ただそれだけです。」

『運転者』

この名言は、幸せは心の持ち方によって決まるということを教えてくれます。不機嫌な人は、目の前の小さな喜びを見逃してしまいます。しかし、上機嫌な人は、どんな状況でもポジティブに捉えることができます。幸せは、自分で感じるものなのです。

「上機嫌でいるというのは、楽しいことを期待するのではなく、起こることを楽しむと決めるということなのかもな。」

『運転者』

この名言は、上機嫌でいることの秘訣を教えてくれます。楽しいことを期待すると、期待が外れたときに失望します。しかし、起こることを楽しむと決めると、どんなことでも受け入れることができます。上機嫌でいることは、自分で決めることなのです。

「本当のプラス思考というのは、自分の人生でどんなことが起こっても、それが自分の人生においてどうしても必要だから起こった大切な経験だと思えるってことでしょう。」

『運転者』

この名言は、プラス思考の本質を教えてくれます。どんなことが起こっても、それには意味があると信じることができます。それは、自分の成長や学びにつながるものです。プラス思考とは、自分の人生を大切にすることなのです。

¥1,650 (2024/01/17 14:38時点 | Amazon調べ)

『運転者』を読んだ感想

本書を読んでの率直な感想は以下の3つです

  • 運は自分の人生に目を向けることで気づける
  • 運は次の世代に受け継がれる
  • 上機嫌でいることがなにより大切

運は自分の人生に目を向けることで気づける

この本を読んで、運は自分の意志や行動によって変わるものではなく、自分の人生に目を向けることで気づくものだということが印象に残りました。自分の人生には、運のポイントがたくさん隠されているのですね。自分の人生に感謝することや、自分の価値を認めることができるようになりました。

運は次の世代に受け継がれる

この本を読んで、運は自分だけのものではなく、先祖からの贈り物であり、次の世代に受け継ぐものだということが心に響きました。自分の父親や祖父の人生について知ることで、自分の運に感謝できますし、次の世代のために自分の運を無駄に使わないようにしようと思いました。

上機嫌でいることがなにより大切

この本を読んで、運は上機嫌でいることで引き寄せることができるということが楽しく感じました。上機嫌でいることが、自分の人生にとって大切な経験や人との繋がりになるって斬新ですよね。

喜多川泰『運転者』は、自分の運について考えさせられる一冊でした。

¥1,650 (2024/01/17 14:38時点 | Amazon調べ)

まとめ

以上が、『運転者』で学べる内容と読んだ感想です。今回紹介したのは、本書の内容の一部ですので、気になる方はぜひ本書を読んでみてください。

¥1,650 (2024/01/17 14:38時点 | Amazon調べ)

また、本を買うお金や読む時間がないという方は、Audiobleも試してみてださい。

30日以内に解約すれば料金は発生しません/


Amazonの聞く読書「Audible」

Audibleは、Amazon運営するオーディオブックプラットフォームです。豊富なジャンルのオーディオブックを提供し、一流の朗読者による魅力的な朗読を楽しめます。高音質な音声やカスタマイズ機能も充実しているので、新しい読書体験をお求めの方におすすめのサービスです。また、ポッドキャストなどのオリジナルコンテンツも聴くことができます。

サービス内容

Audible聴き放題(会員)単品購入(非会員)
月額料金1500円平均3000円
タイトル数40万冊40万冊
聴き放題数12万冊(日本語の本1万冊)なし
ラインナップ小説、洋書が多数、ポッドキャスト小説、洋書が多数
会員特典聴き放題、独自のポッドキャストが無料で聴ける、単品購入30%OFFなし
無料体験30日間なし
メリットデメリット
有名作品が多い
最新作が多い
ポッドキャストが聴ける
仕事や家事をしながら聴ける
金額が高め(本一冊の費用)
こんな人におすすめ
  • 時間がない人
  • 何かをしながら読書をしたい人
  • 活字が苦手な人
  • 最新の作品を読みたい人
  • オーディオブックに興味がある人

\ 30日以内に解約すれば料金は発生しません/

>>聴く読書「Audible」の料金・サービス内容を徹底検証【口コミ評判から判明したメリット・デメリット】

\ 1分で登録できて、退会も簡単/

Audibleの登録方法はこちら

Audibleの登録方法

Audibleの登録方法を紹介します。

STEP
AmazonのAudible登録ページにアクセスします。

>>登録ページはこちら

登録ページから「無料体験を試す」をタップします。

STEP
Amazonアカウントでログイン

Amazonアカウントでログインをします。

STEP
支払い方法を入力

支払い方法を入力し、「無料体験を試す」をタップします。

STEP
登録完了

この画面が出れば登録完了です。

STEP
アプリをインストールしログイン

アプリのインストールはこちらから

Audible (オーディブル)
Audible (オーディブル)
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

30日以内に解約すれば料金は発生しません/

退会方法はこちら

退会方法

STEP
ブラウザでAudibleのページにアクセスし、PCサイトへ移動します

SafariやChromeなどのブラウザからAudibleにアクセスします。スマホ用サイトでは解約できないので、まずは画面を一番下までスクロールしましょう。

STEP
Amazonアカウントでログインし、アカウントサービスをタップします
STEP
退会手続きへ

会員タイプを確認し「退会手続きへ」をタップします。

STEP
退会手続きを行う

問題がなければ、そのまま退会手続きを行いましょう。

STEP
アンケートに回答

退会手続きの理由を選択し「次へ」をタップしましょう

STEP
退会手続き完了

「退会手続きを完了する」をタップして終了です。

退会すると聴き放題作品は聴けなくなるので注意しましょう。

再入会はできるのか?

再入会はできます。入会方法は無料体験の時と同じで、Audibleの公式サイトで手続きをします。

その際、1年以内に無料体験された方は、再入会時無料体験は無しで初月から月額料金が発生します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次