『モモ』のあらすじと感想│時間の本質を考えさせられる不思議な物語と名言

当ページのリンクには広告が含まれています。
モモ あらすじ 感想
  • 『モモ』のあらすじや名言を知りたい
  • 『モモ』の内容が気になる

本記事はそんな方の疑問にお答えします

ミヒャエルエンデ「モモ」は、時間どろぼうに盗まれた時間を取り戻すために冒険する少女モモの物語です。この記事では、この名作のあらすじや登場人物、そして心に響く名言を紹介します。時間とは何か、人生とは何かを考えさせられる一冊を、ぜひ読んでみてください。

本記事でわかること
  • 『モモ』のあらすじ・名言・感想
  • 『モモ』がおすすめな人
  • Audibleを無料体験する方法

ちなみに私はAudibleで聞きました。本書はAudibleの読み放題対象作品なので、会員登録すれば誰でも読むことができます。しかも、現在30日間の無料体験中なので、期間中に退会すれば無料で聞くことができます。

目次

『モモ』のあらすじ

¥880 (2024/02/07 06:06時点 | Amazon調べ)
本の詳細内容
タイトルモモ
著者ミヒャエル・エンデ
出版社岩波書店
発売日2005/6/16
ページ数432ページ(新書)
Audible再生時間12 時間 46 分

町はずれの廃墟となった円形劇場に住む少女モモは、話を聞いてもらうと心が軽くなる不思議な力を持っています。町の人々はモモに様々な相談をし、モモの面倒を見ることになります。

ところがある日、町に「時間どろぼう」と呼ばれる灰色の男たちが現れます。彼らは人々に「時間を貯蓄銀行に貯めると命が倍になる」と嘘をつき、時間を奪っていきます。時間を奪われた人々は、余裕を失って忙しく働くだけの生活になってしまいます。

モモは町の人々の時間を取り戻すために、時間の国へといざなう老紳士マイスター・ホラとともに冒険に出ます。時間どろぼうの本拠地である「時のない都」にたどり着いたモモは、時間どろぼうの首領と対決します。果たしてモモは時間を取り戻すことができるのでしょうか?

『モモ』は、時間とは何か、本当の幸せとは何かを問う、感動的な物語です。子供だけでなく、大人にも読んでほしい一冊です。

この本は、Amazonの“聴く読書” Audible(オーディブル) の聴き放題で無料聴けます。詳しくはこちらをご覧ください。

読みどころ

  • 時間どろぼうとの対決 モモは時間どろぼうの本拠地である「時のない都」に潜入し、彼らの首領と対峙します。時間どろぼうの正体や目的、そしてモモの勇気と知恵が明らかになるスリリングな展開です。
  • マイスター・ホラとの出会い モモは時間の国へといざなう老紳士マイスター・ホラとともに冒険に出ます。マイスター・ホラは時間を司る神秘的な存在で、モモに時間の本質や価値を教えてくれます。時間の国の不思議な風景や時間の花の秘密など、ファンタジーの魅力が満載です。
  • モモの話を聞く力 モモの特別な能力は、人の話を聞くことです。モモに話を聞いてもらうと、人々は心が軽くなり、自分の本当の気持ちや願いに気づきます。モモの話を聞く力は、時間どろぼうにも影響を与え、物語の展開に重要な役割を果たします。モモの話を聞く力は、私たちにも傾聴の大切さを教えてくれます。

『モモ』の感想

『モモ』を読んだ私の感想は、とても感動しました。この物語は、時間とは何か、本当の幸せとは何かを問う、深いメッセージが込められています。モモは、時間どろぼうに立ち向かう勇敢な少女であり、人の話を聞く力を持つ優しい少女でもあります。モモの冒険には、色々な人や動物が登場し、モモに協力したり、敵対したりします。それぞれのキャラクターには、個性や背景があり、物語に彩りを添えています。特に、マイスター・ホラという時間の国の老紳士は、モモの良き友であり、時間の知恵を教えてくれる魅力的な人物です。物語の終盤のモモと時間どろぼうの首領との対決には、驚きと感動がありました。私は、この物語を読んで、時間を大切にすること、人との関わりを大切にすること、自分の心に正直に生きることの大切さを学びました。私は、『モモ』を読んで、心が豊かになりました。

今なら「無料で読める」キャンペーン中 
>> この本をAudibleで読んでみる

『モモ』を読んだ人のレビュー

Amazonレビュー

時間をテーマに置いた本作。
その捉え方はまさに今を生きている自分たちに向けたものであり、とても数十年も前に書かれたものだとは思えませんでした。

大人こそ読むべき名著。時間を大切にする事をテーマにした物語です。ただ、大切にする方法をはき違えると、この上なく愚かに、不幸になることを、著者エンデはその素晴らしい才能によって描いています。

非常に有名な作品なので、買ってみましたが、私には少し難しかったです。普段、小説や物語を読まず、自己啓発本や新書のような本ばかり読んでいるせいでしょうか。小説や物語を読みなれている方なら楽しめると思います。

『モモ』はどんな人におすすめ?

「モモ」は、時間とは何か、本当の幸せとは何かを問う、感動的な物語です。この作品は、以下のような人におすすめです。

  • ミヒャエル・エンデの作品が好きな人: ミヒャエル・エンデは、ドイツの作家で、「ネバーエンディング・ストーリー」や「ジムボタンとルークの伝説」などのファンタジー作品で有名です。『モモ』も、エンデの代表作のひとつで、彼の想像力やメッセージ性が光る作品です。エンデの作品が好きな人は、『モモ』も楽しめるでしょう。
  • 海外文学を初めて読む人 :『モモ』は、海外文学の中でも、日本語に翻訳されやすい作品です。文章は平易で読みやすく、物語はわかりやすく展開します。また、日本の文化とも共通する部分が多く、親しみやすいです。海外文学に興味があるけど、どこから読み始めたらいいかわからない人には、『モモ』がおすすめです。
  • 忙しくて時間に追われている人 :『モモ』の物語の中には、「時間どろぼう」と呼ばれる灰色の男たちが登場します。彼らは、人々に時間を貯めることの重要さを吹き込み、時間を奪っていきます。時間を奪われた人々は、余裕を失って忙しく働くだけの生活になってしまいます。この物語は、現代社会の問題を象徴していると言えます。忙しくて時間に追われている人は、『モモ』を読んで、時間の本質や価値を考え直すきっかけにするといいでしょう。
¥880 (2024/02/07 06:06時点 | Amazon調べ)

『モモ』の名言

人間はじぶんの時間をどうするかは、じぶんできめなくてはならないからだよ。だから時間をぬすまれないように守ることだって、じぶんでやらなくてはいけない

この一文は、モモの師匠であるマスター・ホーラの言葉ですね。この言葉は人間の自由と責任について語っていると思います。人間は自分の時間を自分で決めることができますが、その代わりに自分の時間を守ることも自分でやらなければなりません。時間を盗む者たちに対抗するには、自分の時間を大切にすることが必要です。私はこの言葉から、自分の時間を自分でコントロールすることの重要性や、時間を盗まれないように注意することの必要性を感じました。私たちは自分の時間をどう使うかは自分で決めることができますが、その時間を無駄にしないようにすることも自分の責任だと思います。

いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな?つぎの一歩のことだけ、つぎのひと呼吸のことだけ、つぎのひとはきのことだけを考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな

この一文は、モモの友だちである道路掃除夫ベッポの仕事のコツですね。私の感想は、この言葉が今に集中することの大切さや、仕事に情熱を持つことの素晴らしさを語っていると思います。ベッポは先のことを考えずに、今この瞬間に全力を尽くして仕事をします。そして、そのことが仕事を楽しくする秘訣だと言います。私はこの言葉から、今に生きることの幸せや、自分の仕事に誇りを持つことのできるベッポの姿勢に感動しました。私たちは未来のことや過去のことに気を取られがちですが、今を大切にすることが人生を豊かにするために必要だと思います。

光を見るためには目があり、音を聞くためには耳があるのとおなじに、人間には時間を感じとるために心というものがある。そして、もしその心が時間を感じ取らないようなときには、その時間はないもおなじだ。

この一文は、モモの師匠であるマスター・ホーラの言葉ですね。私の感想は、この言葉が時間の本質や人間の心の重要性について語っていると思います。時間とは、単なる数値や単位ではなく、人の心や生活によって変化するものです。そして、時間は人の命そのものであり、時間を感じることができないということは、生きることができないということです。私はこの言葉から、時間の価値や尊さを考えさせられました。私たちは時間を節約したり、無駄にしたりすることがありますが、時間は自分のものであり、自分の心に従って使うべきだと思います。

『モモ』:まとめ

『モモ』は、時間どろぼうに盗まれた時間を取り戻すために冒険する少女モモの物語です。この作品は、時間に追われて人間らしさを忘れてしまった現代の人々にとって、自分の時間を見直すきっかけになる作品です。また、ファンタジー作品としてもワクワク楽しめる作品です。本作には、心に響く名言がたくさんあります。時間とは何か、人生とは何かを考えさせられる一冊です。『モモ』は、子供はもちろん、大人にこそ読んでほしい名作です。あなたも、灰色の男たちに時間を奪われていませんか?モモと一緒に、時間を取り戻しに行ってくださいね。

¥880 (2024/02/07 06:06時点 | Amazon調べ)

\ 30日以内に解約すれば料金は発生しません/


Amazonの聞く読書「Audible」

Audibleは、Amazon運営するオーディオブックプラットフォームです。豊富なジャンルのオーディオブックを提供し、一流の朗読者による魅力的な朗読を楽しめます。高音質な音声やカスタマイズ機能も充実しているので、新しい読書体験をお求めの方におすすめのサービスです。また、ポッドキャストなどのオリジナルコンテンツも聴くことができます。

サービス内容

Audible聴き放題(会員)単品購入(非会員)
月額料金1500円平均3000円
タイトル数40万冊40万冊
聴き放題数12万冊(日本語の本1万冊)なし
ラインナップ小説、洋書が多数、ポッドキャスト小説、洋書が多数
会員特典聴き放題、独自のポッドキャストが無料で聴ける、単品購入30%OFFなし
無料体験30日間なし
メリットデメリット
有名作品が多い
最新作が多い
ポッドキャストが聴ける
仕事や家事をしながら聴ける
金額が高め(本一冊の費用)
こんな人におすすめ
  • 時間がない人
  • 何かをしながら読書をしたい人
  • 活字が苦手な人
  • 最新の作品を読みたい人
  • オーディオブックに興味がある人

\ 30日以内に解約すれば料金は発生しません/

>>聴く読書「Audible」の料金・サービス内容を徹底検証【口コミ評判から判明したメリット・デメリット】

\ 1分で登録できて、退会も簡単/

Audibleの登録方法はこちら

Audibleの登録方法

Audibleの登録方法を紹介します。

STEP
AmazonのAudible登録ページにアクセスします。

>>登録ページはこちら

登録ページから「無料体験を試す」をタップします。

STEP
Amazonアカウントでログイン

Amazonアカウントでログインをします。

STEP
支払い方法を入力

支払い方法を入力し、「無料体験を試す」をタップします。

STEP
登録完了

この画面が出れば登録完了です。

STEP
アプリをインストールしログイン

アプリのインストールはこちらから

Audible (オーディブル)
Audible (オーディブル)
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

30日以内に解約すれば料金は発生しません/

退会方法はこちら

退会方法

STEP
ブラウザでAudibleのページにアクセスし、PCサイトへ移動します

SafariやChromeなどのブラウザからAudibleにアクセスします。スマホ用サイトでは解約できないので、まずは画面を一番下までスクロールしましょう。

STEP
Amazonアカウントでログインし、アカウントサービスをタップします
STEP
退会手続きへ

会員タイプを確認し「退会手続きへ」をタップします。

STEP
退会手続きを行う

問題がなければ、そのまま退会手続きを行いましょう。

STEP
アンケートに回答

退会手続きの理由を選択し「次へ」をタップしましょう

STEP
退会手続き完了

「退会手続きを完了する」をタップして終了です。

退会すると聴き放題作品は聴けなくなるので注意しましょう。

再入会はできるのか?

再入会はできます。入会方法は無料体験の時と同じで、Audibleの公式サイトで手続きをします。

その際、1年以内に無料体験された方は、再入会時無料体験は無しで初月から月額料金が発生します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次