電車読書で気持ち悪くなる人必見│電車で酔わずに読書をする方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

通勤や通学など、電車で読書をしたいと考えている人は割りと多いようです。ところが、電車での読書は酔って気持ち悪くなる人も少なくはないでしょう。

本記事では、実際に私が活用している電車での読書法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 電車読書で気持ち悪くなる原因
  • 電車読書を快適にする方法
目次

電車読書で気分が悪くなる原因

電車内での読書は多くの時間を有効活用する一つの手段ですが、読書中に気分が悪くなる人も少なくありません。これは乗り物酔いの一種で、視覚と内耳の情報が一致しないことによる平衡感覚の混乱が起きています。視覚は動かない本に集中しているのに対し、内耳からは電車の動きを感じる信号が体に送られるため、脳がこれら矛盾する情報を処理できず、結果として気分の悪さを感じるのです。

電車読書でも酔わない具体的な方法

電車での読書による乗り物酔いを防ぐ方法はいくつか存在します。本やデバイスの持ち方の工夫、視線の落とし所の変更、または酔い止めの薬を利用するなど、いくつかの対策を組み合わせることがポイントです。また、読書以外の活動にシフトすることも有効です。電車での不快感を避けつつ、読書を楽しめる方法を以下でいくつか詳しく説明します。

解決策1:乗り物酔い対策グッズの紹介

乗り物酔い対策として多くのグッズが市販されています。たとえば、酔い止めの薬を服用すれば、その効果をすぐ感じることができます。また、耳に貼る圧迫パッチや特殊な眼鏡など、内耳のバランス感覚に直接作用するアイテムが有効です。これらのグッズを活用することで、電車内での読書中の不快感を軽減できるでしょう。

解決策2:呼吸法とリラクゼーションテクニック

深い呼吸やリラクゼーションテクニックを身につけることも、乗り物酔いの予防に役立ちます。深呼吸は自律神経を整える効果があるため、酔いを感じ始めた時には深呼吸を行い、リラックス状態を保つことが重要です。瞑想やヨガのようなリラクゼーションテクニックも有効で、電車に慣れることで徐々に酔い辛い体を作ることが可能となります。

解決策3: 立ち読みのコツ

電車内での立ち読みには工夫が必要です。まずは本を持つ手とは別の手でしっかりとつり革や手すりを握ることがポイントです。立ち読みの際は可能な限り広い視野を確保し、周囲の動きにも意識を向けるようにしましょう。ページを早くめくったり、細かい文字を集中して読むのを避け、読書時も周囲の景色を時折見ることが酔い防止に繋がります。

紙の本で読みにくければ、kindleなどの電子書籍端末がおすすめです。

解決策4:オーディオブックで耳読書

オーディオブックは乗り物酔いを避けるうえで優れた選択肢の一つです。視覚ではなく聴覚に集中するため、体の動きと視覚情報の矛盾が生じにくく、酔いにくいという特長があります。多くの出版物がオーディオブック化されており、普段の読書を耳から楽しめるため、乗り物酔いで悩む人には特にお勧めです。

また、Audibleならバックグラウンド再生も可能なので、画面をオフにした状態でも聴くことができます。

おわりに

いかがだったでしょうか?今回は電車で読書をするメリット・デメリットを紹介しました。是非参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次